読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえばメンがヘラっても

だらだら書きます、よろしくね。

イノチミジカシコイセヨオレ

タイトルは、クリープハイプの「ただ」です。

すごい、良い曲です。本当に。あぁ、ってなる。

尾崎世界観さんの銀歯になりた〜い。。。

 

今日は、間違えてもう一つのブログに投稿してたやつを載っけておきます。

 

 

 

 

 

 

高校時代からの友人が死んだ。

去年の初夏に自殺をしてしまった。
つい先日、4日前程に、高校3年生のクラスでのラインで亡き友人と同じ部活だった子が、みんなに訃報を伝えてくれた。

心に穴が空いてしまった。

友人はとても真面目で、明るく、しっかり者で、話が面白くて、運動ができて、勉強もできて、朗らかな人だった。太陽のような子だった。
しかし、そんななんでも出来るように見える友人は鬱とパニック障害PTSDを患っていた。

友人の精神疾患の原因はイジメ、だそうだ。

私はそれを知らなかった。
精神疾患になるくらいだから、過去に何かがあったのだろうとは思っていたが、友人の口から聞いたこともなかった(友人は病名を話してくれたが原因は語らなかった)ので、特に詳しく聞こうと思っていなかった。

悔やまれる。

無理矢理にでも聞けばよかったのではないか。
同じように精神疾患を抱える者同士ということで、彼女は私に友情とは違う何かを感じていたのかもしれない。「私ちゃんという存在から、何度も愛を、勇気を、力をもらったことか。」そう友人は語ってくれた。語ってくれたのに、私は何も彼女にしてあげられなかったように思える。私は彼女に何を、一体何をしてあげられたのか。

もっと頻繁に連絡を取っていれば。
もっと話を聞いていれば。
もっと彼女の力になっていれば。

今更何を考えても、遅すぎる。



友人とは学部は違えど同じ大学だった。
「私ちゃんがいるから、っていうのも一つの理由。」と笑ってくれたのに。もう彼女はこの世にいない。


彼女は強い人だった。強く、真面目で、ストイックな人物だった。それ故に、誰かに頼ることが出来なかったのかもしれない。


お揃いのイヤリングを買った。一緒にカラオケにも行った。プリクラや写真も撮ったし、手作りのティッシュケースをあげた。手紙も渡した。一緒に過ごした時間こそ短かったが、たくさんの思い出を彼女はくれた。


もっと沢山の思い出を作りたかった。


私は弱い人間だから「貴女の分まで生きよう」などとは思えない。申し訳ない。


一緒に精神疾患と戦いながら生きていきたかったのに、先抜けされてしまった。

遺された私にできることといったら、貴女が其方の世界では、穏やかな日々を送っているということを願うことくらいだ。そして、貴女の事を忘れないでいる ということくらいだ。


どうか、どうか、安らかに。




私は、貴女のことが、大好きです。
いままでも、これからも。ずっとずっと大好きです。
私と出会ってくれて、ありがとう。私を好きだといってくれて、ありがとう。私に出会えて良かったと言ってくれて、ありがとう。

私も貴女に出会えて良かった。
出来ることなら、もっと、沢山の思い出を作りたかった。もっとお話ししたかった。


ずっと忘れないからね。

ありがとう、大好きだよ。お疲れ様。

 

 

 

おわり

 

当たり前のようにそれら全てが

タイトルは米津玄師の「アイネクライネ」です。なんとも言えない、良い曲ですよね。

 

 

なんで治療を受ける!なんて決心してしまったんだろうなぁ、なんて思っている。

今日の爆弾低気圧の影響かもしれないけど、とってもツラい気分です。

 

 

でも 自分で決めたことなので、投げ出すのは良くないなぁと思ってます。死にたいけど、治療は受けるよ。

 

 

ツラくてツラくて仕方がなくて、生きてても何か希望がある訳でもなくて、治ったら何がしたいとかもなくて、死にたくて死にたくて仕方がないのに、それなのに、白血病を治すための治療を受けるなんて、なんだか変な話だね。

 

 

 

 

自分の為じゃなくて、周りの人達の為に生きてるのかもしれないなぁって思った。

 

 

 

 

 

私は死にたいよ。救われたいよ。

 

 

 

 

 

 

でも、みんなに「生きて欲しい」と言われるから、治療を受けるよ。

 

 

 

 

 

 

 

心のどこかで「治療がうまくいきませんように。死ねますように。」って思ってしまうのが、たまらなく悲しい。

 

 

なんでだろう。

いつから私はこんな風になってしまったんだろう。

 

 

 

 

 

さみしいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

ほら、気が変わらないうちに

今日のタイトルは、クリープハイプの「ただ」です。尾崎世界観さま〜〜、好き!

 

 

 

 

治療をな、受けることにしましたの。

 

 

 

 

両親にはめっちゃ泣かれた。笑

 

 

 

 

 

 

決め手は、お姉ちゃんの言葉。

今まで治療に関しては何も言わないでいてくれたお姉ちゃんが、「した方がいいと、思うよ…」って。ラーメン屋さんで。

私はお姉ちゃんが大好きなので、本当に大好きなので、お姉ちゃんのいうことなら…って(単純かよ!)。えへへ。

 

 

めちゃくちゃにツラい治療なのはわかってるけど、なんとか生還してみせる。頑張るぞ〜〜。

 

 

 

 

みんな笑ってね?

「あんだけ死ぬ死ぬ言っておいて死なないんか〜い!!」って。

 

 

 

多分友達が自殺してたの知らなかったら、お姉ちゃんが実家に帰ってきてなければ、治療を受けなかったと思う。

 

友だちの自死で「死んだら全部終わっちゃうんだなぁ」ってすごい考えるようになって、「死んだら好きな友だちにも会えなくなっちゃうんだなぁ」って、、それは、悲しいなぁって。

 

 

今回、白血病が発覚してから大好きな人たちに会う機会が何度もあって、改めて、なんというか、色々考えました。

 

まぁ、治療で確実に良くなるかは ハッキリ言ってわからないけど、でも、がんばろーって思ってる。

 

 

応援してくれよな!

 

 

 

 

おわり

 

良作の映画のストーリー

タイトルは、ゲスの極み乙女。の「ユレルカレル」です。ゲスの極み乙女。の曲の中で1番好きな曲です。とても、切ない曲です。

 

「そう、何百回も反芻した僕の最後の最後の後悔を 手紙に書いて渡せたらちょっとは楽になるとかならないとか  考え出したらいつの間にか寝て 目が覚めたらまた後悔を 最後の最後に聞いてくれよ まだ消えないうちの戯言をさ」っていうところと、最後の掛け合いが特に好き。この曲は、本当に、全体的に好きだけどね。

 

 

 

今日は病院でした。

 

このまま治療を受けなければ、白血球の増えるスピードと、血小板の減る速度から考えて 私の命は1〜2ヶ月持つかどうからしいです。

 

命って儚いね。

 

あっという間だなぁ。1〜2ヶ月かぁ。

 

 

 

思ってたより短かったなぁ、半年くらいかと思ってたよ。笑

 

 

 

「今日は僕の方が悪かったな」

「私が悪いわ」

「早く分かり合いたかった」

「私のセリフだわ」

「明日は優しくなるから」

「そうね、もう遅かったわ」

 

明日はもう来なかったよ

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

昨日もそう思った

今回のタイトルは、アーバンギャルドの「コミック雑誌なんかILLかい」です。天馬さん好き。

 

 

最近ずっと、元カレに連絡とろうかな〜〜って考えては辞めてる。facebookとかで元カレのページまで辿り着いては、メッセージ送ろうかな〜とか思っては迷惑だろうな、ってなるのを繰り返してる。

 

だっていきなり別れた彼女から連絡きて、しかも「白血病になりました!1年後には死んでます!」とかいうパワーワードの塊みたいなメッセージだったらトラウマもんでしょ。笑

 

病気の件で親が落ち込みすぎてて、もういっそのこと自殺して死んじゃった方がいいんじゃないかしらとも思う。でも、いずれ死ぬんだから早める必要はないのかな?って冷静になることもある。でも親が落ち込みすぎててキッツい。ははは。

 

 

好きだった人氏へのLINEにはうんともすんとも既読がつかない(多分ブロックされてる)し、もうね、死ぬか!!ガハハ!!!って感じですよ。。。

 

月曜にまた病院行くみたいです。

今度は精神科でも診てもらうってさ〜〜。正直に「死にとうございます!」っていうぞ!

 

 

がんばれ、がんばれ!

 

 

えいえいお〜〜!

 

 

 

 

 

 

おわり

2人の最大公約数を

今日のタイトルはRADWIMPSの「最大公約数」です。最近RADWIMPSばっかり聞いてる。野田洋次郎〜〜₍₍⁽⁽(ી( ・◡︎・ )ʃ)₎₎⁾⁾

 

 

今日は、意を決して両親に「治療をするかしないかは、考えさせてほしい」と伝えました。

 

 

めちゃくちゃ悲しそうな反応された。

お父さんは抜け殻みたいになっちゃったし、お母さんには「お母さん達の気持ちは、わかってるよね」って言われた。

 

 

明日死ぬってわけでもないんだから、そんなに悲しそうにしないでほしいなぁ、って思う。

 

無理な話なんだろうけど、今まで通り普通に接してほしい、まぁ今までも腫れ物に触るような対応だったけどさ。笑

 

 

あまりにも悲しそうだから、心が揺らぎそうになった。

でも、治療はしたくない。

 

救われたいんじゃ……。

 

 

 

とりあえず終わり

あんたの傍に居てあげるから

今日のタイトルは、クリープハイプの「大丈夫」です。大丈夫あたし今日はヒ〜マだ〜〜から〜〜〜。ってね。本日も尾崎世界観に会えずに1日が終わりそうですね。世知辛いッ!!

 

 

 

今日はちょっと遠くにある大きい病院に、診察してもらいにいきました。優しい先生でした。よかった。

 

治療をした場合の生存率をきいたけど、まだなんとも言えないといわれました。

 

ただ、治療をしなかった場合は、半年もつかどうか。1年は確実に無理でしょう。と言われました。

 

 

治療をして、確実に良くなる!というわけでもないし、お金も時間も手間も膨大にかかる。

それに、抗がん剤とかで、相当苦しい戦いになる。

治療をしなくても、免疫力が落ちて、苦しんで死ぬ。

 

 

どうすればいいのかなーって思うけど、私は、できれば、もう、治療とかしたくないかな。

 

 

今までも数え切れないくらい入院して、親には沢山たくさん迷惑をかけてしまったし、沢山悲しませてしまった。沢山親不孝をしてしまった。

 

これ以上、迷惑はかけられない。

 

 

親は「どうか頑張って欲しい、お願いだから頑張って欲しい」って言っているけれど、でも、頑張ったところでとんでもない迷惑をかけてしまう。治療がうまくいかなかったら、きっと親は自分たちを責めてしまうと思う。それは、悲しい。

 

それなら「私が治療を拒否した」という事実で、少しでも気持ちが楽になって欲しいかな。

 

 

きっと、治療を拒否したら物凄い説得されると思うけど、持ち前の頑固さ、よく言えば芯の強さで頑張りますわ。笑

 

 

もしかしたら明日には、やっぱり治療受けます!とかってなってるかもしれないけど、今のところ、わたしは、治療をしない方向で考えています。

 

 

多分、誕生日も迎えられないかと思うけど、仕方ないね。

 

 

これは一種の自殺なのかなぁ。

 

 

わからないね。まぁ取り敢えず、ハタから見たら相当な親不孝だなぁ。とは思う。

でも、最後のワガママだって思ってほしいな。

 

 

不器用な私にとっては、家で過ごして、少しでも親と一緒にいて、お金とかもあんまりかけさせないっていう、、これは最後の親孝行なんだけどね。伝わらないだろうな〜。笑

 

 

 

 

なんか涙が出てきたから、おわり。