読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たとえばメンがヘラっても

だらだら書きます、よろしくね。

悲しみ隠して幸せそうに踊る

タイトルは、クリープハイプの「最夜」から。人類 最後の夜〜〜。

 

今日も今日とて尾崎世界観が好きです。おはようございます。

 

 

今週末、父方のお祖父ちゃんの一周忌なんですよ。

白血球数その他諸々が上がれば外泊許可おりるんだけど、どうかなぁ。。

 

 

 

さて、お祖父ちゃん。。

私のお祖父ちゃんは母方も父方も、二人とももうこの世にはいませんが、二人とも、なんというかとても、個性的な人でした。

 

 

 

まずは母方のお祖父ちゃん。

私の記憶の中の母方のお祖父ちゃんは、いつも長野の千曲川で釣りをする姿。幼い私のサンダルが川に流されてしまったら、ヒョイヒョイッと取ってきてくれました。お魚の食べ方が上手だった気がする。

あと、顔が整っていた。

 

戦争に駆り出されて、シベリア出兵して、生き残って返ってきた人。

生きて返って来たら、自分が積み上げて来たものが何も残っていなかったそうです。

それから遊び人になってしまったとか何とか。

 

あんまり会えなかったけど、私はお祖父ちゃん大好きでした。

 

 

 

 

続いて父方のお祖父ちゃん。

 

父方の祖父母とは一緒に住んでいました。

 

父方のお祖父ちゃんもまた、顔が整っていた。

趣味はクラシックの音楽鑑賞と、謎の製図(潜水艦?だったのかなぁ?)を描く事。

友だちと電話をしたり、遊んだりしている姿は、一度も見たことがありませんでした。多分、ずっと仕事人間だったんだろうなぁ。

 

よく「街に行ってくるけど何か欲しいものはあるか?」と私たちに聞いて「ないよ〜大丈夫だよ〜〜」と答えても、果物やらジュースやらを買って来てくれました。

私はずっと(街ってどんなところなんだろう?そもそも街って何処?街??)と考えてたんですけど、どうやら街=大宮だったみたいです。確かに、街だ。

 

私は孫の中でも一番年下なので、すごい可愛がってもらいました。ありがたいね。

父方のお祖父ちゃんも、大好きでした。

 

 

 

父方も母方も、お祖父ちゃん2人に関して共通して今でも思うことは「もっと話したかったなぁ」です。

 

 

もっと色々話したかったな。

 

 

まぁ、もう何も出来ないけど…。

 

 

 

どうか、二人とも彼方の世界で穏やかに過ごしていてください。

 

 

 

 

おわり