たとえばメンがヘラっても

だらだら書きます、よろしくね。

撫でてくれたのは嘘だったんだ

おはようございます。

今回のタイトルは、クリープハイプの「愛の標識」から。撫でたという行為が、嘘になる事はないのにね。でも、そう感じてしまうのは、何故だろうね。

 

 

大好きな人と、2017/09/10から約2年間付き合った大好きな人と、2019/09/20に、お別れしました。

 

 

 

なんとか、8月下旬からの苦しすぎる前処置と、9月頭の末梢血管細胞移植も終わり、へろへろになりながらも、何度か走馬灯をみながらも、一歩ずつ治療は前に進んでいました。

 

 

 

それは、突然、訪れました。

 

 

 

 

2019/09/20

 

その日は、彼氏にとって思い入れのあるゲームの発売日でした。

 

朝「おはよ〜」とLINEをして、「ゲームどう?」と聞いたら「もうすぐクリアする!」と返してくれました。そして、自分が実況しているYouTubeのURLを送ってくれました。

 

 

私は実況を見て、クリアしたところを見届けて「おつかれー!おめでとう!!」みたいなことを言って、ふと気付いてしまったのです。

 

 

 

 

気付かなければ、良かったのに。

この時、なにもしなければよかったのに。

自分から、地獄に身を投げてしまったのです。

 

 

 

 

 

「ん?実況してるってことは、それ用のTwitterアカウントとかあるのかな?」

 

 

 

 

 

 

彼氏は以前からよく「YouTuberになりたいなー」と言っていました。

 

だから、実況している姿を見て、すごく嬉しかったんです。愚かにも、私はTwitterで検索しました。

 

 

 

案の定、実況垢はすんなり見つかりました。

 

いくつか動画もあげていて「おぉー!なんだよ、頑張ってるじゃん!教えてくれても良かったのに〜、拡散するし、再生しまくってあげるのに〜!でも嬉しいなぁ」などと呑気に考えていました。

 

ツイートを見ていると、RTされているものもチラホラ。

 

「お!RTもされてるじゃん!すごいなぁ、嬉しいな。どんな人がRTしてくれているんだろう?」本当に愚かな私は、RTしているアカウントに飛んでしまいました。

 

それが、彼氏のバチバチのエロ裏垢であるだなんて、これっぽっちも考えずに。

 

 

 

 

「あー、知らん人のエロ裏垢かぁ…なんで?」そう思ってプロフィールを読んで絶句しました。

 

 

 

「宮城」「院生」「ダーツ」「お酒」「軽自動車」「25歳」

 

 

 

彼氏にぴったり当てはまる言葉たちでした。

 

 

おそるおそる、ツイートを見ました。

彼氏の実況垢をRTしたあとの呟きは「私の声が聞きたい人は、RTしたやつ見てみてね」という呟きでした。

 

 

 

 

なにが起こっているのか理解できませんでした。

 

 

 

 

怖かったけど、全ツイートを遡りました。

 

 

「ホテル行ったあとに、ブラのサイズ合ってないから下着屋さんに連れて行くことがあるんですけど〜」

「たまに複数プレイの主催してますよ」

「ベッドで拘束しましょう」

「クンニの日、遂行できた」

「久々に複数でしたいな」

「車出せるので、お迎えも行けますよ」

 

 

 

もう訳が分かりませんでした。

 

手の震えは止まらないし、頭の中はごちゃごちゃで、何が何だか分かりませんでした。

 

 

 

でも、それは、間違いなく、様々な裏垢女子に絡みまくり、通話を募り、卑猥な写真を求める、彼氏の裏垢でした。

 

 

 

 

一時退院中に私と出掛けた時に食べた、千疋屋総本店のゼリーの写真が、何よりの決め手でした。

 

ほぼ同じ写真を私は持っていました。

 

2人の思い出アルバムに、彼氏が、追加してくれていたから。

 

 

 

 

どうしたら良いのかわからなくて、私は、姉と、大学の頃からの友人氏、中学からの友だちに助けを求めました。

 

 

 

みんな「え?」「どういうこと?」「本当に彼氏なの?」「信じられない」と言ってくれました。

 

でも、私は、千疋屋総本店の写真を見せました、みんな「そんな………」と言葉を失っていました。

 

 

 

私は、彼氏の裏垢のツイートをひたすらスクリーンショットしました。

どうか、勘違いであって欲しいと願いながら。

 

 

 

私の誕生日にも女の子にリプライ送っているし、私が前処置で苦しんでいる間にも、クンニの日がどうのとか、私が移植をしていた日にも複数プレイがどうたらとか。

 

 

悲しくて仕方なかった。

ただ、ひたすらに、悲しかった。

このまま死んでしまいたかった。

私を、殺して欲しかった。

 

 

 

 

 

私は「彼氏と通話して、スクショを送って、話を聞こう。まずは、それからだ。」と決意しました。

 

 

 

 

そのあと、平静を装って、彼氏に「今日、夕方でも、出来たら通話したいな」とLINEを送りました。なにも知らない彼氏は「いいよー!」と、いつも通り承諾してくれました。

 

 

 

 

怖かった、待っている間も怖かった。

 

 

 

 

 

 

 

「通話いいよー!」

 

 

彼氏から連絡がきました。

ガタガタ震えながら、私は通話ボタンを押しました。

 

 

 

 

少し話したあと「聞きたいことがあるの」と言って、裏垢のプロフィールのスクリーンショットを彼氏に送りました。

 

 

 

 

 

「これ、誰?」

 

 

 

 

 

 

彼氏は軽く笑って「あ、○○さんかー」と言いました。

「え?」と返したら「私じゃないよ?」とハッキリ言われました。

 

 

 

 

その言葉を信じたかった、本当に信じたかった。

 

 

 

 

でも、私は、そこまで馬鹿じゃなかった。

 

 

 

 

 

 

馬鹿だったら良かったのに、もっと、もっと馬鹿だったらよかったのに。

 

 

 

 

 

 

 

「本当に?」

「うん」

「じゃあ、なんでキミの実況垢をRTしてるの?『私の声が聞きたい人はRTしたやつ見てみてね』っていう呟きは、何?」

 

泣きながら、声を絞り出して、私は、聞きました。怖くて怖くて仕方なかったけど、聞きました。

 

 

 

 

「ごめん」

 

 

 

 

 

「質問に答えて…」

 

 

「ごめんなさい」

 

「違うの、質問に答えて……」

 

 

 

 

 

 

 

 

「私です…………」

 

 

 

 

 

 

 

彼氏は認めました。

 

 

 

 

 

 

何より一番悲しかったのは、最初にしらばっくれようとした事でした。

 

私はチョロいから、押し通せると思ったのかなぁ。

 

 

 

 

もう涙は止まりませんでした。

 

詳しい通話の内容は省きますが、彼氏は泣きながら何度も何度も謝ってくれました。

 

泣いている彼氏は、初めてでした。

 

 

 

 

 

 

 

私は「ごめんね、今までありがとう」と告げました。

 

 

 

彼氏は「もう、ダメだよね………」と返してくれました。

 

 

 

私は正直に「多分私はこの事を忘れられない。ふとした時に、思い出して苦しくなってしまう。そして、あなたがこの先なにをしていても、なにもなくても、ずっと疑い続けてしまう。それは、あなたを傷付けてしまうし、悲しすぎる。ごめん、本当にごめん。」と話しました。

 

 

 

 

 

「でも、移植を受けるとか、生きようとか、決めることができたのは 全部あなたのお陰だよ。本当にありがとう。大好きだったよ、ううん、大好きだよ。どうか、ちゃんと幸せになってね。元気でいてね。私は、本当に、ずっと一緒にいたかったよ。ずっと一緒に居られると思っていたよ。あなたは、私の、生きる希望だったよ。寂しい思いをさせてしまってごめんね、本当にごめんね。今まで、本当に、たくさん沢山ありがとう。楽しかったよ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そう、50分ほどの通話で、泣きながら何度も伝えて、私は電話を切りました。

 

 

 

 

 

 

私は、生きる希望を自らの手で壊してしまいました。

 

 

 

 

 

私の軽率な行動がなければ、あの時なにも検索しなければ、なにも知らずに済んだのに。

 

 

 

 

 

 

きっと今日も、明日も、その先も、いつものように「おはよ〜!」と連絡ができたのに。

 

 

 

 

 

私は、愚かです。

本当に、愚かな人間です。

 

 

 

 

 

 

 

そもそも私たちが出会わなければ、私が彼に恋をしなければ、私があの日会いに行かなければ、私が告白なんかしなければ、私が、私が、わたしが、あぁ、もう、どうすれば良かったんだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神様、いるなら教えてください。

 

 

 

 

 

 

なにが正解だったんですか。

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

なんぼ汚れたアタシでも

こんばんは、お久しぶりです。

今日のタイトルはクリープハイプの「イノチミジカシコイセヨオトメ」から。

 

もうそろそろ、高校時代からの大好きな友人の命日なので、思った事をつらつらと綴っていきます。

 

友人が亡くなったのを知った時に書いた記事(イノチミジカシコイセヨオレ - たとえばメンがヘラっても)に重複する部分も出てくるかと思いますが、その辺は目を瞑ってください。

 

彼女のことを思い悲しくなる頻度は、彼女のことを考えて涙を流す頻度は、だいぶ減りました。でも、心に空いてしまった穴はなかなか塞がらないものですね。時間でも解決できないものはあるんだなぁ、と思います。

 

お揃いで買ったイヤリングとか、作ってあげたティッシュケースとか、一緒に行ったカラオケとか、彼女との出来事を思い出すたびに、なんとも言えない気持ちになります。

 

私、高校時代のクラス会の幹事をすることが割とあるんですよ。クラス会、彼女が亡くなった後も続けているんだけど、私は幹事をやりながらも「クラスメイトが自死したのに、クラス会を開くなんて不謹慎ではないか?」と思ってしまうことが多々あって。でも、私的には、彼女のことを忘れたくないから開いている部分もあるんです。クラス会で彼女の話題になることは(悲し過ぎるので)あんまりないけれど…。でも、多分、彼女は3年7組の事が嫌ではなかったと思うから、もしかしたら参加してくれてるかな、なんて呑気に考えたりしているんです。だから、私はクラス会を開くんです。勿論みんなに会いたいのもあるし、彼女にも会いたいから。

 

 

 

 

 

 

死は救済!

 

 

今でも、そう思う時は沢山あります。

もう、いっそのこと逝っちゃうか〜〜!ってなる日も沢山あります。治療も抗がん剤も全部投げ出して、病院から逃げて電車に飛び込んで死んじゃおうかとか、病室のシーツで首を括って死んじゃおうかとか、沢山沢山考えました。

でも、私には勇気が無くて、完遂は出来ないままです。

 

彼女が、どんな気持ちで最期を手繰り寄せたのか、私には、少し分かるようで、全然わからないです。

 

めちゃくちゃに怖かったのか、安堵したのか、後悔したのか、どうだったんだろうなぁ。

 

 

 

 

 

いずれにせよ、今は安らかに、ゆっくり休んでほしいなぁ。

 

 

 

 

 

 

今回も、支離滅裂な文章でごめんなさい、悲しいからこの辺で。では。

 

 

 

おわり

 

忘れてね 恥ずかしいから

こんにちは。お久しぶりです。

今日のタイトルは、クリープハイプの「さっきの話」から。とてもとても、好きな曲ばかりです。

 

 

移植は出来ない。

 

といわれて、初発の頃からお世話になっている病院に戻っていました。

 

そこで主治医の先生が、知り合いの先生のいる都内の病院に連絡してくれて、受診する事に。

 

精神科の先生も、血液内科の先生も、とてつもなくいい先生たちでした。

 

 

血液内科の先生には「はっきりいうと、受け入れ難い紹介状の内容です。でも、この紙だけで判断するのは、違うと思います。だからこうして、お会いしているのです。」と言っていただいて……。本当に感動してしまいました。

 

それから精神科の先生、この方もとんでもなくいい先生だと思いました。私、初対面の先生って全然話せないタチなんだけど、色々話しを引き出してくれて。。。最終的には「移植に、耐えられると思います。」と仰ってくださって。。うわーん、ありがたいいいってなった(;_;)。

 

 

 

 

連休明け頃に、試験的な入院をして、そしてそこで移植のコンサルタント?的なの方々からゴーサインが出たら移植に進みましょう。というお話になりました。本当に有難い……………。

 

 

 

 

その受診のあとは圏内のほうも一時退院になって、連休はお家でダラダラかな〜〜と思ったら、通院の採血で芽球ちゃんが…コンニチハ〜〜………(;_;)!

 

てな訳でプレドニンもふえて、初発の頃からお世話になってる県内の病院に入院…。

オンコビンとエンドキサンの抗がん剤もチラッとやりました。

 

 

そして、昨日から都内の病院に入院しています。

昨日はX線に心電図、歯医者さんに、骨髄穿刺(マルク)、精神科、先生との顔合わせ等、めちゃくちゃに忙しかったです。笑

 

 

 

んでんで!今日からなんとベスポンサという抗がん剤〜!

入院してまだ1日!でもベスポンサ!

今のところそんなに目立った副作用は出ていません。ありがたい。ご飯もちゃんと食べてるよ。針抜きたい〜〜、末梢から入れられるのはすごいけど、私は今までの治療たちにより血管死んでるからなかなかムズいのよね、うお〜〜。

 

 

 

久しぶりにブログ書いたらテンションが迷子になってしまった。笑

 

とりあえず、予定だと、1ヶ月ほど入院です!

頑張ります!移植のために。この先、なんとか生きる為に。

 

 

 

では。。

 

 

 

 

 

 

おわり

君に出会ってから色んな事わかったよ

タイトルは、クリープハイプの「ex ダーリン」から。綺麗で真っ直ぐで、寂しくて悲しい歌。

 

 

 

私には精神疾患があります。

少し心が弱いだけだよ、一般的な人と比べるとね。

 

 

 

転院して、移植をする方向で話は進んでいたんだけど、PMSとか新たな環境とか色んなストレスが絡み合って、その話はパァになってしまいました。

 

 

転院先の先生に言われたのは「移植したとしても40%くらいでしか完全には治らない」「移植はどこの病院でも無理でしょう」「精神疾患があって、倫理的にも移植はできない」「抗がん剤が効かなくなるまで抗がん剤治療を続けるしかない」「人よりも短い人生を送ることになるけれど仕方がない」というようなこと。

 

今思い返すとすごいことばっかり言われてるな……。苦笑。

 

 

先生に、たくさん色々言われて「そうかぁ、じゃぁ、もう、死を待つだけか。」ってなりかけたのも事実。

 

 

でも、「えー、でも、生きたいな」ってふと思ったのも事実。

 

 

 

人生はツラく苦しく生きづらいけれど、死にたい気持ちもあるけれど、でも、生きたいな。

生きていいなら、生きたいよ。どうにか頑張ってみるよ。

 

 

 

元の病院に戻ってきて、看護師さんから「主治医の先生(2年前の初発の時から診てくれている教授)は何とか他の病院で頑張って欲しいと思ってるみたいだよ。」って言われてね、泣きそうになってしまった。ありがたいなぁって。

 

 

昨日の夜、主治医の先生が「知り合いのいる病院に連絡を取ってみますね。」と言ってくれた。本当にありがたい。

 

センセ〜〜(;_;)!

 

 

「もしかしたら断られるかもしれませんが、そうしたらまた違う病院に連絡を取りますので。」とも言ってくれた。

 

センセ〜〜〜〜〜(;_;)(;_;)(;_;)!!!!

 

 

本当にありがたいなぁと思った。

頑張るしかないから、頑張ろうと思います。

 

 

ツラく苦しい日々になると思うけど、頑張るよ。未来のために、頑張るよ。

 

 

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

 

救われたことないから救い方がわからない

今日のタイトルは、indigo la Endで「ほころびごっこ」です。はぁあ〜〜。

 

昨日一昨日と、精神的に参ってしまって、、暴れてメガネを壊してしまったり、おでこに馬鹿デカい たんこぶを作ってしまったりしてしまいました。おでこ痛い。。反省している…。

 

 

 

 

 

今日は「友だち」についての話。

 

 

 

 

 

私は学生時代ずっと「友だちがいない」って本気で思っていたし、ずっとそう公言していた。

 

 

だって、私は友だちだと思っていても、相手が友だちだと思っていなければ、それはもう友だちとは言えないのでは?と考えていたから。

 

かといって、友だちだと思っている子に対して「私たち友だちだよね?!」なんて確認は怖くてできない。

 

そんなこんなで「いないじゃん、私、友だち。1人も。」って本気で思っていました。

 

 

一緒にお昼を食べる子はいても、一緒に出かける子はいても、大好きな子はいても、友だちはいなかった。

 

 

 

 

でもある日大学の同級生に言われたんだよね、「私ちゃんのダメなところは"友だちが居ない"って言うところ。そんなこと言われたら、友だちだと思っている私は傷付くし悲しいよ。」って。

 

 

 

びっくりした。

 

 

 

そんな思いをさせていたのか、と。

私のことを友だちだと思ってくれている人の存在を意識したことが無かったから、本当にビックリした。

 

申し訳なかったなぁ、とも思った。

 

それから、私は「友だちが居ない」って言わないようになりました。

 

 

 

 

 

 

友だち、それこそ沢山ではないけど、ちゃんと居るので!

 

 

 

 

 

おわり。

 

笑った顔が凄く優しかったよ

もらった服はダサくて着れなかったよ。

 

タイトルは、クリープハイプの「山羊、数える」です。本日2回目の投稿ですね。最近更新してなかったので。。。

 

 

突然ですが、彼氏のことがとても好き。

 

1年5ヶ月ほどお付き合いさせて頂いているんだけど、この1年5ヶ月間、本当に1度として「畜生!!!!!もげてしまえ!!!!!!!!この!!!!この野郎〜〜!!!!!!!!!ウワァァー!!!!!」みたいな感情になった事がない。

 

 

 

 

まぁ言うて私はメンヘラサラブレッドなので、ボダることは多々ありますが、ツラくなって左腕だって切りますが、「私なんかと付き合ってていい事あるの??!?!!」とか「私と付き合っていたら大好きな彼氏のことを不幸にしてしまう!!!!」みたいな感じでグオオオオってなることは多いですが。苦笑

 

 

 

 

 

 

 

ずっと考えている事がある。

 

 

 

 

親。

 

 

 

 

私は自分の親が苦手です、嫌いではないけど、好きになりたいけど、どうしても苦手です。どうしても、怖くて、怖くて、ツラかった事ばかり思い出してしまうから。

 

 

 

 

 

もしも私が今の彼氏と結婚(けけけけ結婚?!?!?やば!!!!!!!)したとすると、大好きな彼氏と家族になれるけど、親も彼氏と家族にならなければならない。よね?

 

 

 

 

 

 

 

え、しんどくないですか?

 

 

 

 

 

無理でしょ…大好きで大切な彼氏と家族になりたいけど、自分の親と家族になってほしくないでしょ…………ツラすぎるでしょ…。

 

 

 

 

 

もちろん育ててくれたり治療費出してくれてる親にはとても感謝してるけど、それとこれとは別ですよ、つらい。

 

 

 

 

ウワッ!!ツラくなってきた!!!!!!

 

 

 

 

 

 

前に彼氏に「私なんかと一緒にいたら貴方のことを不幸にしてしまう」と伝えたら「幸か不幸かは私自身が決めることだから問題ない」と返されて、この人はどこまでも出来た人間だなぁ…と思いました。

 

 

 

ウッ

 

 

 

 

 

普通の家庭とまでは言わないから、親の存在に怯えることのない家庭に生まれてみたかったなぁ。

 

 

 

 

 

おわり。

 

 

左手の薬指と未来の話

今日のタイトルは、クリープハイプの「蜂蜜と風呂場」です。

はーちーみーつ みーたーいーな あーーじが すーるーーなんてーーーー!

 

 

4月6日の仙台サンプラザホールのクリープハイプのライブ、当たったんですよ。でも、行けるかわからない〜。治療ェ…………。悲しい。とても悲しい。行けたらいいなぁ。。

 

昨日、ファンクラブ限定のロンTが家に届いたみたいです。2色とも買ってしまった〜〜!最高なんじゃ〜!

 

 

さて、治療ですが、全然進んでないです(泣)

 

一応プレドニンという飲み薬だけもう毎日毎日毎日毎日飲んでるんだけど、それでデータ上は寛解になってるみたいで。

でも木曜あたりにマルク(骨髄穿刺)をまたやるよってセンセが。それから違う治療も始めるよ〜とは言ってたけど、全然詳しくは教えてくれない…( ;_; )うぅ。やることないなら、お家に返して欲しい。。。。。マジでやることないので…。

 

早く治療して治したい…。いや一応寛解っぽいんだけど骨髄に芽球は1%くらい残ってるみたいだし。。。。。うををををを。。。。。

 

 

 

おわり